February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

沈丁花の芳しい香り

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

ベランダの沈丁花が花を咲かせました!

ずっと前から道端で沈丁花が咲いていると立ち止まって香りをかいでしまう程、その甘い香りが好きだでした。

去年、近所の花屋さんでお花が咲き終わってしまった鉢植えを安く売っていて、買ってみました。

それから1年近く、ずっと咲くのを楽しみに水をやり続けていたのですが、1か月前位から蕾を付け、1週間前位から咲き始めました。

どの位咲き続けてくれるのかわかりませんが、咲いている間は楽しみたいと思います。

 

ウェディングドレス選び!

JUGEMテーマ:結婚式

JUGEMテーマ:ウエディングドレス

 

唐突ですが、今回は、これから結婚する予定の方へ、結婚式でのドレス選びについてお話しします。

えっ?まだ相手がいない?

・・・そういう方は、妄想してみて下さい。

 

まず、ドレスを購入するか、レンタルするのかという問題がありますが、予算がどれくらいかにも依りますね。

どうしても着たいデザイナーのドレスがある場合には購入も良いかもしれませんが、同じグレードのドレスであればレンタルより購入の方がお金がかかり、保管に場所を取るデメリットもあります。

レンタルの場合、品ぞろえの良いお店に行けば自分に似合うドレスを選べますし、保管のコストがかかりません。

 

ただ、レンタルドレスショップと言っても、お店によって品揃えやサービスが全然違います。

例えば、あるお店では試着に行った当日に契約すれば割引があると言って強引に当日契約を迫るとか、別のお店ではホームページに掲載されていたドレスを見て試着したいドレスをお店に伝えて行ったのにレンタル中で着られず無理矢理好みでないドレスを勧めるとか、いつまでも営業電話をしてくるお店もあります。

一方で、何度でも試着に応じてくれ、式場に合ったドレスを提案してくれる品揃えの良いお店もあります。

お店は、結婚情報誌やインターネットなどで探すことができますが、雰囲気に飲まれて後悔しないためにも、最初は誰かと一緒に行った方が良いかもしれません。

良く知らないと、酷いドレスに大枚をはたく可能性があります。契約した後で、もっと良いドレスが安く借りられることを知ったらショックです。

 

結婚式は女性にとって人生の晴れ舞台です。

写真は一生残ります。悔いのないドレス選びをしましょう!

 

では、ドレスの選び方ですが、似合うかどうかの前に、会場やシュチュエーションを考慮する方が効率よく選べます。

何故かと言うと、さんざん試着して気に入ったドレスを絞ったのに、会場にそぐわないものでは選び直しになるからです。

(写真スタジオの撮影のみでしたら気にすることはありませんが・・・。)

 

例えば、超好みの大きなリボンとフリルが沢山ついているドレスを見つけたとして、ヨーロッパの教会では白い目で見られます。

また、外での写真撮影を予定している場合、重いドレスではまともに歩けません。それでなくても履きなれないハイヒールを履いているのに、衣装まで重いと、汗がだらだら、笑顔は引きつり、泣きたい気持ちで帰りたくなります。

披露宴が広い会場か狭い会場かによっても、似合うドレスの長さが違います。

 

その上で、カラー診断・骨格診断の出番です!

お似合いのドレスのタイプ・髪型・アクセサリーを選びます。

白いドレスなんて普段は着られないし、試着するとお姫様になったような気分です。

 

その前に婚活?

その時も、カラー診断骨格診断によるファッションアドバイスが役立ちますよ〜♪

 

 

 

 

 

 

 

バジルの葉から根が生えました!

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

葉から根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりのブログ更新となってしまいましたが、この夏中、ベランダは家庭菜園のように野菜やハーブが沢山茂っており、枝の剪定や収穫などのガーデニングに励んでおりました。

先日、ベランダのプランターで育てたバジルを料理に使ったのですが、余った葉をガラスボウルに入れておいたら、いつの間にか根っこが生えてました!

葉っぱだけでも根が生えるんだわなんて手に取ってみると・・・これって葉っぱの横から生えているじゃない?

不思議です。

こんな風になってしまうと、何だか食べにくくなります。植木鉢に植えようかしら。

 

ファッションの可能性

JUGEMテーマ:ファッション

 

読んでくださっている皆さん、こんにちは。

 

実は、私、以前は洋服でかなり失敗していました。

 

・オーダーメードのグレーのビジネススーツを着て歩いていると、知り合いとすれ違いざまに「あなた、なぜそんな制服のような格好しているの?」・・・地味すぎた(!?)そんなに暗く見えたのか?

 

・ブランド物の赤いスーツでセミナー講師に行ったら、受講生から「先生、その格好でここまで来たんですか?」・・・派手すぎた(!?)講師のイメージを崩すには良いかもしれないけれど、講義に集中できない!?

 

 

・デートにブランド物の黒いロングスカートスーツでキメていったつもりが、男性から「お葬式だったの?」

・・・やはり癒されないだろうか(!?)

 

それから大分長い時が経ち・・・

 

今は、人様にファッションのアドバイスをしたり、日々研究しています。

 

それで、カラー診断・骨格診断を行ってその人に似合う服の色や形を知ることは出来るのですが、それで終わりではないと思うんです。

 

続けて日々の洋服選びに大切だと思うのは・・・

 

「その服が、自分が何者なのかを表す服であること」だと思います。

 

人は、ある程度見た目で人を判断しているようです。

(ホームレスのような恰好をしている人を、お金持ちかもしれないとは一般的に

思いませんよね。)

男性について言えば、男性は女性の見た目の印象がその女性の内面を表していると感じていると言われています。

 

例えば、派手で高そうな服を着ている女性は金遣いが荒いのではないかとか、清楚な服を着ている女性は心も純真で控え目ではないかとか、地味で控えめな服装をしている女性は何をしても文句言わないだろうとか、ヒョウ柄の服を着ている女性は強そうとか、パンク系ファッションの女性は個性的で自由奔放なんだろうな、とか・・・。

 

つまり、カラー診断・骨格診断で人から似合う服の傾向は教えてもらえるのですが、自分自身もどうありたいのかということを考える必要があるのではないかと思うのです。

 

ファッションて奥が深いですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーデニング(オリーブ-3)

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

オリーブと言えば、オリーブオイルやピクルスなど実の方が有名ですが、葉には鉄分やカルシウム、ビタミンEのほか、オレウロペイン、オレイン酸などいろいろな成分が含まれていて、美肌効果や免疫機能を活発にする働きがあるそうです。

私は、水で洗ってフライパンで炒って作りましたが、他にも2.3分茹でてから外で干して作る方法もあるようです。

ティーポットにお湯を注いで3.4分くらい経ってから飲んだところ、味はとても飲みやすく美味しいです。ほうじ茶や蓮茶のような苦味も感じません。感じ方は人それぞれだと思いますが、私はルイボスティやコーン茶に近いように思いました。

夏なので、冷やしてみたら、こちらも美味しいです。

 

 

ガーデニング(オリーブ-2)

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

剪定したオリーブの葉を摘み取って、お茶にすることにしました。水洗いして乾かして、フライパンでカラカラ炒りました。

 

 

 

 

 

ガーデニング(オリーブ)

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

ベランダにあるオリーブの木の枝が伸びて気になっていたので、枝を剪定しました。

不要な枝をパチパチ切っていたら、結構な量になってしまい、何か有効活用できないかしら・・・?

 

ガーデニング(ミニトマト-2)

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

ミニトマトが一晩で大分赤くなりました!

 

ガーデニング(ミニトマト)

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

このところ、ベランダの植物の世話で忙しくしていました。

5月に植えたミニトマトの苗がどんどん巨大化し、沢山の花が咲いて、その下から実が出てきました。

その後1か月近くずっと緑色だった実が、ようやく昨日から赤くなってきました!

もうすぐ収穫でしょうか?お花は6月からどんどん咲き続けていて、今15か所くらい咲いています。

このまま順調に実れば、100個以上取れるのではないかと皮算用をしています。

トマトを植えたのは初めてなので、こんなに大きくなるとは知らずにびっくりしています。深めの植木鉢とは言え、2メートル近くまで育ってしまい、もう枝を支える支柱の長さが足りません・・・。(もう育たないで!)

品種は「アイコ」です。

 

tomato

 

 

診断結果に納得できなかったとき

JUGEMテーマ:ファッション

 

前回、「もしあなたが診断してもらったけど結果が腑に落ちなかったとき、二通り以上の診断結果が出てしまったとき、どうします?」と言うところで終わっていましたね。

 

皆さんだったらどうしますか?

 

・何回か受けて多数決で決める

・同じ人の所に行って、もう一度診断してもらう

・自分でも何となくそうだなと思う方を信じる

・その他・・・?

いろいろな考えがあると思います。

 

私の場合には、どちらが正しいのかを知りたくて、また別の人に診断してもらいました。

でも、三人目の診断がまた別の結果でした。

 

それに多数決で決めようとしたときに、間違われやすいタイプの人でしたら、危険です。

 

もし、同じ人に再度診断してもらったとしたら、診断者も純粋な気持ちで診断できるかわかりません。お客さんが納得いかないと言っている診断結果以外から答えを探そうとしてしまいそうです。

 

そんなとき、やはり自分の感性を信じるしかないのだと思います。

似合うと言われている色の候補に近い色の物を繰り返し顔回りにあてて見比べてみてください。(私の場合、手持ちの服では足りず、タオルやハンカチなどを引っ張り出してきましたが・・・。)

 

また、診断結果が分かれる人というのは、それだけいけちゃう色が多いという事だと思います。前向きに捉えると良いと思います。

 

それでは、今日はこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーソナルカラー診断の誤診(その2)

JUGEMテーマ:ファッション

 

こんにちは。前回の続きです。

 

 

二度目のカラー診断の結果にショックを受けながらも、その方がしっくりくるような気がして、それからというもの、私は二度目の診断に沿った服を買うようになっていました。

 

ですが、二回とも、ちらっと診断してもらっただけですし、次第に自分でも診断できるようになれたら良いなあと思うようになりました。そして、パーソナルカラー診断などを専門に教えているスクールを探して入学しました。

 

授業では、ある程度理論を学び終えると、生徒同士をモデルにして診断の練習をしていきます。

同じモデルの診断でも、診断する人によって答えが3通りに分かれることもありました(全部で4通りなのに!)が、最後に先生が答え合わせをしてくれます。

 

ある時、自分がモデルをすることになりました!

ついにファイナルアンサー!!二つの診断結果のどちらが正解か、ずっと知りたかった答えを待っていました。

 

答えは・・・・、どちらでもありませんでした。

勉強していくうちに薄々感じていたのですが・・・、それでも直ぐには受け止められませんでした。

 

その後先生は、実際のチェックポイントを指摘しながら説明してくださいましたが、その間も私はわなわなしていました。

 

何だったのでしょうか?今までの診断。

 

確かに、私が診断モデルになったときに正解を出せた人は半分以下でした。

ですが、答えは一つなのです。

 

自分がカラー診断をする立場になって、自分が診断を間違えられるのも嫌ですが、他人に間違った診断をするのも嫌だなと思いました。

なので、私の場合は、診断を受ける方にもご自身の顔写りの違いを感じて頂き、納得のいく診断を目指しています。

 

因みに、もしあなたが診断してもらったけど結果が腑に落ちなかったとき、二通り以上の診断結果が出てしまったとき、どうします?

 

では、続きは次回に・・・。 

 

 

 

パーソナルカラー診断の誤診(その1)

JUGEMテーマ:ファッション

 

今日の東京は、晴れて気温も上がり洗濯日和でしたね。私は、布団を干しました。

 

今日は、パーソナルカラー診断のことを少しお話します。

 

私が、パーソナルカラー診断を知ったきっかけは、10年くらい前に勤務先のパンフレット用の写真撮影で知り合ったカメラマンの女性が教えてくれたことでした。パーソナルカラー診断も仕事として行っているとのことで、似合うアクセサリーの色はゴールドとシルバーどちらかとか(私の場合は両方と言われましたが・・・。)、人には似合うカラーがある事を教えてくれました。

 

後で詳しく知りたくなり、書店でパーソナルカラー診断の本を探し、Yes、No形式の診断でも確認しました。

 

似合う色がわかり、買う服は診断結果に沿ったものを選ぶようになりました。

 

 

ですが・・・何となく違和感があり・・・1,2年してからカラー診断のセミナーに行ってみました。

 

そこで、セミナーの余った時間で5分程度、講師の先生に診断をして貰う機会があったのですが、やはり前と違う結果でした。

それも、殆ど共通点のない真逆のような診断結果で愕然としました。

今まで信じていたものが突然崩れてしまったようで、ショックでした。

信じすぎていたせいもあると思います。

でも、暫くすると、これも信じて良いのか?と思うようになりました。

 

本当は、どちらが正しいのか・・・・。

 

・・・続きは次回に。では、おやすみなさい。

<<back|<12345>|next>>
pagetop