June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

普段着こそ明るい色を着よう!

JUGEMテーマ:ファッション

 

桜が綺麗な季節になりました!東京ではソメイヨシノは散ってしまいましたが、今は八重桜が綺麗に咲いていますね。

街を歩く女性の服装も、冬のダークカラーから明るい色に変わりました。

 

私、先週、綺麗な桜を観にお散歩に出掛けようとしたのですが、鏡に映った自分の姿がどよーん・・・としていてびっくりしました。(紺のボーダーシャツに、グレーのスエットパンツだったのですが・・・。)

さすがに、このほんわかとした空気感の中に全然合っていない!

 

直ぐに着替えました・・・。こんな感じ・・・。↓

 

私は普段から家にいる時には着心地重視でジーンズも窮屈で脱いでしまう位なのですが、工夫すればリラックスウェアでもこんなに春らしく出来ます。(上は無印良品のTシャツ、下はノーブランドの綿100%のレギンス、それに後ろがゴムの通信販売で買ったスカートを合わせてます。全部で6000円位)

後は、気温に合わせてストールやスウェットパーカーなどを引っ掛けて出かけます。

 

それから、家ではぐたぐたしていたいので、スカートはウエストが伸びるものか、ちょっと大きい位のサイズを着ています。

 

このようなコーディネートなら体がリラックス出来るし、ばったり知合いに会っても、「もっとちゃんとした格好してくれば良かった〜!」なんてことになりませんよ。

 

人は色からもパワーを吸収していると言われています。

家で長時間着ている服こそ、自分が元気になれる色を身につけましょう!

 

 

 

 

着たいけど似合わない色の合わせ方☆

JUGEMテーマ:ファッション

 

春になって、風もやさしいし、気持ちも弾んできますね。

私は、カラータイプがウィンターなので、春に出回る服の色は微妙に似合わないのですが、着たい!!

明るくて可愛い色の服が!!

 

パーソナルカラー診断を受けた方は、自分に似合う色味を知っているが故に、着たいのに我慢してしまったりしていないでしょうか?

私は、お客様には診断結果に囚われないように言っているのですが、それでもやはり似合わないのは嫌だし、気にしますよね・・・。

 

それで、私がしている対処法は、二通り。

一つ目は、全く構わぬ!(着たいのだから着ちゃえ!って考え。でも、やっぱり勝負服にはなりませんが・・・。)

二つ目は、顔回りだけは自分の得意色にしておく。あれこれ考えなくても、Tシャツの上に見えるキャミソールとかストールとかスカーフだけ似合う色にしておく。

 

それから、イエローベース、ブルーベースというようにベースカラーが同じであれば、何とか似合ったりします。

 

この季節、スプリングさんだけに楽しませるわけには行きませんわ!

皆さまも、参考にして下さい!

 

 

 

服装は自分を表す鏡!?(婚活中の女性は読んでね)

JUGEMテーマ:ファッション

 

今日は、一日中雨でしたね。私は、お客様のカラー診断とお買い物同行、その後でベリーダンスの発表会を見に行きまして、結構ハードな移動となってしまいました。でも、ベリーダンスの発表会は目の保養になって、とても良かったです。

 

さて、本日のテーマは、服装についてですが、婚活中の方に特にお知らせしたい内容です。

 

人は、ほんの一瞬で相手と話が合いそうか、自分の好みかどうかを判断しています。

お見合いパーティーなどでは、ほんの1、2分で相手を判断しなくてはなりません。

 

では、何が判断材料なのか?

男性と女性では重視している点が違うとは思いますが、大体まずは、見た目と、表情や話し方を含めた全体の雰囲気ではないでしょうか?

 

最近、私は、男性に会うと、お付き合いしたい女性のタイプを聞いています。

 

ある男性は、そんなに美人でなくて良いから、気が利く明るい女性が良いと言っておりました。

自分が気が付かないことをしてくれるような女性が理想だと・・・。

服装は、ダサくなければ何でも良いそうです。(ダサいかどうかって何が基準かわかりませんが・・・。)

 

別の男性に好みのタイプを尋ねるとはっきりとした答えが返って来ませんでしたが、

ダメなタイプは教えてくれました。

ジャラジャラしている女性、フリフリリボンのメルヘンチックな女性は無理だそうです。

落ち着いている女性とお付き合いしたいとのことでした。

 

婚活中の女子の皆さんにお伝えしたいことは、二つ。

一つ目は、気合入れ過ぎてアクセサリー着け過ぎていると、可愛く見られたくてフリフリしていると、真面目なタイプの男性からは敬遠されますよ〜ということ。(ジャラジャラは金遣い荒そう、フリフリは頭弱いんじゃないかとか勝手に妄想しているのです。)

 

二つ目は、他人は外見で自分を判断していますので、なるべく自分を表す服装をした方が良いということ。

(例えば、明るい色の服を着ていると性格が明るいのかな?とか、地味な服を着ていると大人しい性格なのかな?とか。)

実際にお付き合いした後で、思っていたのと違う!と言われることを防げます。

 

まあ、自立した大人の女性と見られたい場合には、服装よりも本人自体に視線が行くような、シンプルな服装がおススメです。

あなたの服装は、あなた自身を表していますか?

 

 

〜★〜ヨロコビアーノ〜★〜

http://yorokobiano.com

 

 

 

 

 

最近、女性が足を出していることが気になる件

JUGEMテーマ:ファッション

 

なぜ急に気になりだしたのか、自分でも良くわからないのですが、このところ巷の女性の服装が気になって仕方がありません。

以前から、海外に行くと、女性の服装が日本とかなり違うと思っていました。

 

まず、海外の女性は日本ほどスカートをはいていません。

そして、寒い時期には特にはいていません。

それから、カジュアルとドレスアップのメリハリが効いています。

それに、大人はフリルとかリボンがついているような服をあまり着ていません。

昼間からハイヒールで歩いている人も殆ど見かけません。

 

これらについてもう少し説明したいと思います。

 

スカートの件ですが、勿論海外でも、春から夏に掛けてはワンピースやスカートを着ているのを旅先で良く見かけます。

でも、私が違和感を感じているのは、日本では、ダウンジャケットを着る季節でも、下はミニスカートに薄手のストッキングだけという格好の女性を良く見かける点です。(あ、あなたもでしたら、失礼しました。)

 

これは、本人の自由なので、他人がとやかく言うことではないのは承知しているのですが、「どうしてそうなったかな?」と思う訳です。日本人の女性は冷え性の方が多いではないですか?

寒いから厚着をしているのに、腰から下はすーすーしてますね。

温めたいのか?冷やしたいのか?

エスカレーターで盗撮されたいのか?電車の中で痴漢を待っているのか?

誘っているのか?エロいのか?(おっと、暴走してしまった・・・。)

外国の人は、変に思うだろうなあと思います。

本人は可愛いつもりでも、他人から見たら「足、寒くない?」と言いたくなるのです。

そして、人に心配されるような服装はスマートではないです。

 

それから、海外の女性は、服装がシンプルで楽そうです。

例えば、アメリカの郊外の町のカフェやスーパーで見かけた女性は、大抵、ジーンズにTシャツか、スポーツジムでも行くようなスポーティなタンクトップとスパッツであったり、木綿のシャツにハーフパンツというような格好でした。

とにかく、リラックスできそうな服です。

 

でも、ディナータイムのレストランでは、素敵にドレスアップした女性を見かけます。

 

おそらく、ずっと日本にいたら、ファッション誌やテレビのファッションがお手本になっていて、現状が当たり前になっているのだと思います。

 

でも、それは当たり前なのかな?

もう一度、他人からどう見られるかよりも、自分が心地よい服を考えてみませんか?

健康のことも大切ですよ。

 

でも、ジーンズなんて似合わないし・・・て、誰かが言いそうですね。

何を隠そう、私もジーンズが全く似合わない女性の一人です。

でも、ジーンズが似合わないタイプの女性でも、楽ちんでしっくりくる服装はあります。

服装も、そろそろ進化して行って良いと思います。

 

お客様からご相談があればお伝えしているのですが、それ以外でも、ホームページでこれから公開していきたいと思います。

 

では、今日はこのへんで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現役スタイリスト直伝 センスアップセミナーに行ってきました!

JUGEMテーマ:ファッション

 

今日は、久しぶりにファッションセミナーに行ってきました。

講師は、雑誌、広告、CMなどのスタイリングをなさっている現役スタイリストの長瀬先生です。

主に芸能人の方を対象にしているそうです。

その先生が、セミナーの冒頭に、ご自身の経験を踏まえて、「個人の方を相手にしているスタイリストさんは、とてもドラマチックなお仕事をしているので、そのまま続けてください。」というようなことを仰ってました。

私自身、ファッションアドバイスをしてお客様から喜ばれることが多いので、素敵な仕事だなと思っていましたが、改めて言われると大変励まされました。

 

さて、今回のセミナーは、忙しいスケジュールの中でも参加しようと思ったのは、内容に婚活ファッションというものが入っていたからです。「これはお客様の為に行かねば!」との気持ちで参加しました。

モテファッションについては、私も長年の研究と実体験、男性への聞き込み調査から情報を得て自分なりの結論は出ていましたが、やはり他のプロの意見を聞きたいと思っておりました。

 

実際にお話を伺って、私とは違う切り口でモテファッションを説明して頂き、大変参考になりました。

 

セミナーの後で、婚活中のお客様にはモテファッションについてアドバイスするようにしています。

既にお知らせした方は、「意外!」という反応でした。

おそらく、多くの女性がモテるファッションを勘違いしているのかもしれません。

ええ、私もその中の一人でした。

 

自分が意図していないところで、男性が勝手に自分の服装からこんな女性だろうと判断していたとしたら・・・。

もし、こちらは努力してお洒落しているつもりなのに、男性からは頭が弱い子だと見られていたら・・・。

 

どうか大切な時間を無駄にしないようにして下さい。

私も知っている限りの情報をお客様に提供したいと思っております。

 

 

 

 

環境にも優しい時短ファッションの勧め

JUGEMテーマ:ファッション

 

こんばんは。(昼間に読んでくださっていたら、こんにちは。)

今日は、洋服の管理についてです。

 

と、その前に、皆さんは家事をするとき、段取りについて悩みますか?

今日の朝ごはんは何を食べるか何分も考えますか?

大抵の方が大まかなパターンをお持ちで、あまり考えなくても習慣になっているのではないでしょうか。

 

ところが、こと洋服になるとどうでしょう?

用途別に自分にとって心地良い服を、殆ど考えずに着られるようになっていますか?

実は、洋服をあまり持っていない人は、選択肢がありませんので、悩みもありません。

でも、ファストファッションが流行っている現在、うっかりすると一度も袖を通さないような服が箪笥の肥やしになっている可能性もありますよね。

「今日は何を着ていこう?」

友達と久しぶりに会うとき、仕事に行くとき、大切な人に会うときなど・・・。

そして、出かけない時は・・・悩まずテキトウに?

まず、この「何を着れば良いのか?」という事を考える時間や面倒を解消するためには、いくつかの方法がありますが、今回は二つ提案をさせて頂きます。

 

(その1)欲しい服を買うのをやめて、まず必要な服を買うようにする

これで、「服はいっぱいあるけれど、着ていく服がない」という状況からは脱出できます。

また、「あの服素敵だな」という感覚だけでなく、自分の生活でどこに行くときにどのような服が必要なのかを考えて、まず必要な服を揃えるようにしましょう。

 

(その2)シーン毎の決まったパターンを決めておく

家にいる時(近所に出掛ける時)、仕事に行く時、お出掛けする時ごとに、自分の得意な定番スタイルを決めておきましょう。

例えば、骨格タイプがストレートの方は、上がTシャツで下はジーンズとか、骨格タイプがウェーブの方は、上はカットソーで下はスカートとレギンスというように・・・。(色は、ご自身のパーソナルカラーで)

その基本パターンで色違い・デザイン違いを追加していけば、「この服には何を合わせたら良いのかな?」ということになりません。

 

最近片付けに関する本が沢山出て入て、「1年着ていない服は捨てましょう!」なんて書いてありますが、原因を絶たなければどんどん捨てる服ばかりが増えてしまいます。

 

少し前に、ある国で縫製をしている女性が「服はそんなに簡単に作れるものではありません。本当は安くないのです。」と言っている記事を読みました。

服は、例え染色していないような白いものでも、天然素材を漂白して使っているそうです。環境に負担をかけない服などないのです。

着ない服にお金を使うこと、環境を必要以上に汚染すること、私たちはもうずっと前からそれが良くないことだと気が付いています。買ってしまった着ない服を見て、自分にいろいろな言い訳をしても、何も変わりません。

 

それでは、どのようにしたら良いのか?・・・・(学校では教えてくれませんでした。)

 

まずは、着なくなってしまった服と向き合い、なぜ着ないのか自分なりに考えてみてください。(理由がわからないと、同じことを繰り返してしまうからです。)

 

そして、自分にとって理想の服はどのようなものなのかを考えます。

その時、パーソナルカラー診断・骨格診断が役立ちます。

 

 

 

 

 

1
pagetop