February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

問合せして下さった方、ごめんなさい。

JUGEMテーマ:生きる

 

実は、6月の下旬から体調が悪くなり、暫くはホームページを更新できたのですが、7月下旬以降、全くパソコンも触れないような状態になっておりました。

それで、本日ようやく更新しようとしたら・・・。メールが・・・あわわわっ!!

完全に無視してしまっていました。ご迷惑をお掛けした方、本当にすみませんでした。

それどころではなかったので、仕方がなかったのですが、ちょっと自分でもショックでした。

 

また、これからぼちぼち更新していきます。

よろしくお願いします。

 

【暑中お見舞い申し上げます!】

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

猛暑が続く今日この頃、皆さまいかがお過ごしですか?

私は、仕事で出かける時以外、午前8時〜午後5時までは断固として外に出るのはやめました!

8時でも、外を歩いているとクラクラしてきます。

うちのにゃんこは、年中エアコンの効いた室内で生活しているので、のんびりです。

ところで、猫のどこが好きかって、人によって意見が分かれると思うのですが、体について言えばやはり肉球でしょうか?

このぷにぷにがたまらず、時々さりげなく触ろうとしています。(セクハラ?)

基本的に猫は足を触られるのは好きではないようなので、私は猫が遊び疲れてぐったりしている時を狙ってます。

先日、100円ショップで癒しの肉球キーホルダーを見つけたのですが、やっぱり本物のお手々にはかないません。

 

猫カフェに行っても、肉球をじっくり見せてくれる猫ちゃんはそんなにいないと思うので、どうかこの写真で癒されてください。

(え?そこまで肉球にこだわりがない!?)

 

靴下の花

JUGEMテーマ:靴下

 

部屋に洗濯した靴下を干していたんですけれど、春のお花みたいで可愛かったので、写真を撮ってみました。

私は、以前から化学繊維のストッキングよりも綿100%の靴下が好きだったのですが、最近は以前にも増して好きになりました。

 

道端のタンポポ・・・

JUGEMテーマ:気になること

 

花が大分散ってきた桜並木の道端に、こんなに可愛いタンポポを見つけました。

舗装された歩道のひび割れに根を張って皆で肩を寄せ合って咲いています。

この綿帽子から、また来年花を咲かせるタネが飛んでいくのでしょうか。

タンポポの根元には桜の花びらがいっぱい。

自然のフラワーアレンジメント!

 

 

 

怖い絵展に行ってきました!

昨日、上野の森美術館でやっている「怖い絵展」に行ってきました!

眠れなくなったらどうしようと思いながらも怖いもの見たさで行ってしまいましたが、実際は名画の数々で美しいものばかりでした。題材が怖いという事で、もっと気持ち悪いものかと思っていましたが、むしろ興味深いものばかりです。

 

「怖い」という意味もいろいろだなと思いました。

若くて美しい女性の処刑風景は、ストレートに恐怖を表していますが、それ以外にも、筋骨隆々な男が恐れる若くて美しい女からの誘惑。好きな男を殺してまで自分の物にしようとする女のエゴ。

子供が落ちて死んでしまっても気にしない梅毒の母親の堕落。

 

最後にマリーアントワネットの肖像が二枚。

片方は立派な額に入れられた色彩豊かな油絵で、日本で言えば佐々木希のような可愛い女性。

もう片方は僅かな時間で描かれたというデッサン画で、ブスッとしたおばさん。

どちらが真実か?

画家がありのままを描いているとは限らないことを思い出させてくれるものでした。

 

 

 

 

 

 

 

吉幾三さんのコンサートに行ってきました!

JUGEMテーマ:コンサート

 

こんにちは!昨日は、吉幾三(敬称省略させて頂きます。)のコンサートに行ってきました!

コンサートの撮影は禁止ですので、入り口のポスターで気分を味わってください。

 

会場の入り口脇にはお祝いのお花が沢山飾ってありました。

 

こちらは、会場で買ったDVDです。因みに、今回のコンサートは45周年です。

(5年前のDVDですが、記念に購入しました。)

 

 

私は、初めて「おら東京さいぐだ」という曲を聞いた時から好きだったのに、コンサートに行くのは初めてでした。

来ていた方は年配の方が多かったですが、本当に行って良かったです。

吉さんの歌を聞いていて、2.3回、自然と涙がこぼれてしまいました。

これが本当の歌なのだと感じました。

歌詞とメロディーと歌声、その歌声に人生が滲み出ているのです。

自分の人生と重なって、また、共感して心が揺さぶられました。

また、三味線や尺八も登場して、その音色を楽しみました。

 

今回行かねば!と思ったのは、2週間くらい前に、インターネットで吉幾三さんが暫く活動をお休みするという記事を読んだことがきっかけでした。

吉さんは、歌番組だけでなく、CM、志村けんのバカ殿、町散歩の番組など、普段から良くテレビで見ており、いるのが当たり前という気持ちでした。それだけに、もう本物を見るチャンスが無くなったらどうしよう!と思い、すぐさまコンサート情報をチェックして、東京で行われる予定のコンサートの残り僅かな席をぎりぎり手に入れることが出来たのです。

 

テレビで見る吉さんは、ひょうきんで楽しい人柄でしたので、コンサートもきっと楽しいだろうと期待しておりましたが、実際のコンサートは期待以上でした。

コンサートの開始時刻が18:30ですから働いている方にはきついのかもしれませんが、現役世代の方が少ないなあと思いました。

演歌歌手ということになっていますから、年配の方が多いのは仕方がないのかもしれませんが、ご本人もジャンルはこだわっていないとのことですし、むしろ一生懸命働いている若い方に見て欲しいなと思いました。

吉さんの歌は、じじばばにしか分からない歌ではありません。

 

毎日辛いことがある方こそ、励まされます。

頑張っているのに上が居座っている。頑張っているのに成果が出ない。

時代が違うとは言え、人生が思うように行かなかった経験があり、いろんなことを乗り越えてきた先輩から教わることは多いです。

 

これだけ勧めておいてなんですが、吉さんは、暫く外国の音楽を勉強するために、活動をお休みするようです。
その為、暫く東京ではコンサートの予定がないようですが、もし、またコンサートがあったときには是非行ってみてください。

では、今日はこの辺で!

 

今日出会ったタクシーの運転手さん

今日、事情により、私は東京駅に5キロの猫と持てる限界に近いキャリーケースと共に到着しました。汗

新幹線を降りて、人混みの中、二個もキャリーケースは引けないと思い、猫を入れたキャリーケースは背負うことにしました。

ホームに一旦置いたキャリーケースを背負う時、猫が一瞬片方にずりっと下がった気がしましたが、もう片方の肩もベルトに入れて、何とか背負うことが出来ました。

が・・・、重い!!!痛めていた左肩にベルトが食い込んで、気持ちが悪くなり、これ以上は無理な気持ちになってきました。

 

タクシーで帰ることにしました。

タクシー乗り場は、前に10人位並んでいましたが、どんどんタクシーがやってきて、あまり待たずに乗ることが出来ました。

は〜、助かった〜。

猫は、新幹線の中で震えているように見えたので心配でしたが(実は新幹線に乗る前に乗ったタクシーで、間違えてトランクに乗せてしまったので、短時間だったけれど臭いサウナ状態で具合が悪くなったのかも、猫さん、すまん!)、タクシーに乗ってからキャリーケースの中を見ると、時折私の方を見て大人しくしていました。

 

その乗ったタクシーの運転手さんが、結構話しかけてくる人でした。

私がどこから東京に来たのかなどと尋ねられ(私は東京に住んでいるように見えないのでしょうか?)、手短に答えた後で、私も運転手さんの出身地を尋ねました。

その方は静岡県から東京に出てきてタクシーの運転手になったそうなのですが、何でも、勤めていた会社が倒産して、保証人になっていたために、借金のかたに奥さんや子供と住んでいた自宅を手放して、東京に出てきたそうなんです。

 

そのような方について、気の毒だとか可哀想だという見方もあると思いますが、私はその話を聞いて凄く感動しました。

思わず、勇気ありますね!と言ってしまいました。

もし、自分の夫がいきなり職を失い、住む場所も失い、お金もなくなったら・・・、自立していない女性は焦りますね。物凄く動揺して、勢い余って実家に帰ったりするかもしれません。

でも、当の本人は、当然に冷静ではいられませんよ。まだ学生の子供がいたなら尚更。

でも、その方はうろたえずに、冷静に対処したわけです。見た目は痩せ気味な男性なのに、人の強さというのは見た目では分からないものです。当時、周りからはけなされたようですが、今できる事は何かを考えて、行動に移したのです。そして、仕事が落ち着いてからすぐに家族を呼び寄せ、今は東京で皆で暮らしているそうです。タクシーを運転しながら自分の奥さんのことを話している姿は幸せそうでした。

 

凄いなあ〜、なんて話しているうちに、タクシーは家の前に到着してしまい、運転手さんはキャリーケースをトランクから出してから深々とお辞儀をして「ありがとうございました」と言って去って行きました。

名前もタクシー会社も覚えていませんが、東京のどこかで、今日もその人は頑張っているのだと思います。いつも通りの暮らしだったら出会わない人。何だか東京が前より素敵な街に見えました。

 

 

 

 

 

究極のマッサージ!?

JUGEMテーマ:整体

 

昨日、凄いマッサージを受けてきました!!

マッサージと言っても、整体に近いマッサージです。

私の場合、偶然にも知り合いから勧められて受けたのですが、本当に衝撃でした!

 

実は、私、以前から骨格調整や整体をいろいろ試したことがあり、その中には痛いものもありました。特に、数年前に肩が上がらなくなったときに治してもらった整体院では、物凄く痛かった・・・。泡を吹きそうな位痛くて、我慢強い(と本人は思っている)はずの私が、途中でやめて貰ったこともありました。

今回は、同じようなレベルです。

でも、その代り、一度で色んな部分を良くしてくれたのです。

この「凄いマッサージ」、受けたことのない人にはわからないと思いますし、凝っていない人には大して痛くないのかもしれませんが、勝手に痛いのランキングを作ってみました。

 

〜秘密のサロン痛いのランキング〜

四位 太もも電流筋トレマシーン(その間も他の部分をマッサージ)

三位 背骨のどこかの骨をぐりぐり(ほげー!!)

二位 肩を物凄く引っ張られる(腕もげる!!)

一位 顔面マッサージ(頬肉を歯茎に押し込まれているような感覚で何をしているんですか!?激痛!)

これ、自分ではどのようにされているのか見えていませんので、感覚で言ってます。

 

因みにこのマッサージは何ですか?というようなことを尋ねたのですが、内臓の働きを良くするほか、骨格調整、リンパの循環を良くするなど様々なことを同時にしてくれているそうです。

癒されるか?と言いますと、気持ちの良いだけのマッサージと比べると私の場合は全く癒されませんでした。

でも、終わった後は歪んでいた体が治り、凝りがとれ、バスト・ヒップ・顔の肉がアップして、とにかく生まれ変わったように元気になりました。

体が思うように動くのは、ダンスレッスンの時にも良くわかりました。

 

マッサージをしてくれたのは、優しい綺麗なお姉さんです。この人のどこにあんな怪力があるのかと、不思議でたまりませんでした。

でも、整体はいろいろ試して知っているつもりになっていた私ですが、こんな究極のマッサージがあるのかと、目から鱗でした。痛かったけれど、そのうちまた行きたいです。

 

12>|next>>
pagetop